菓子処清月 『ぱりぱり手詰め 甲州一両最中 8個入』

価格 : 1,500円
内容 : 最中 8個入

「菓子処清月 『ぱりぱり手詰め 甲州一両最中 8個入』」のご購入ページへ
もなか | 菓子処清月 『ぱりぱり手詰め 甲州一両最中 8個入』 商品説明:
清月の最中は皮が違います!もち米を混ぜた皮なのでサクサク感がすごく口元い楽しいんです。餡子も甘さ控えめの粒餡で爽やかな甘さで食べやすい仕上げになっています。また自分で詰める遊び心が楽しいんです。ご自宅用よりもご贈答に大変喜ばれる商品だと思います。手作り最中作りを是非お楽しみ下さい。

甲州金は、戦国の武田信玄の時代より用いられ、主に軍用金・恩賞などに使用されました。また、その単位は後の貨幣の基本となり、金一両(四匁=15g)の四分の一が一分、その四分の一が一朱、その四分の一が一糸目と言い「金に糸目はつけない」の言い回しはここから生まれました。そして、この純度の高い金貨は、海外へも流出し、黄金の国ジパング伝説のもととなりました。私たちは、この伝説の甲州金を今の世に伝え、甲州人の誇りとすべく、お菓子として復刻いたしました。最中は、皮二枚と餡だけのシンプルな和菓子です。故に、原材料の善し悪しが味に出ます。皮は近江の羽二重餅(もち米)小豆は北海道の契約農家で栽培された厳選されたもの、砂糖は甘味の爽やかな氷砂糖を使用しております。添加物は一切使用しておりませんので、安心してお召し上がりください。

「菓子処清月 『ぱりぱり手詰め 甲州一両最中 8個入』」のご購入ページへ